さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『かさ さしてあげるね』

f:id:a_oyatsu:20160606090326j:image
西巻茅子 絵

........................✍

今日から6月。梅雨の季節ですね。
書店にも図書館にも、雨の絵本が並んでいます。

毎年雨の絵本はチェックしていますが、「こんなのあったんだー」や「これは見逃してた!」なんてのもあって、いつ見ても楽しいです。

雨の日を少しだけ明るく楽しくしてくれる絵本達。
今月は少しでも多くの雨の絵本を紹介できたらな、と思います。

早速今日も雨の絵本を。
小さなお子さんから読める、素敵なお話です。

小さな男の子が、動物たちに「かさ さして あげるね」と優しく傘をさしてあげます。

大きなぞうさんには、大きな傘。
背の高いきりんさんには、長い傘。
小さなありさんには、小さな傘。

それぞれの傘の変化も楽しいですし、男の子の優しさにも心が温かくなります。

ピッチャン パッチャン
ピロリン ポロリン

そんな雨の音も耳に楽しく響きます。

優しい男の子には、優しさのお返しが待っています。
そして最後はやっぱり、太陽の笑顔。

雨の絵本の多くは、最後にはあたたかな太陽が顔を出します。
そんなところもまた、雨の絵本の魅力だと感じます。

決して押し付けがましくない自然な優しさ。
子どもの頃から、こんなあたたかな絵本に触れて欲しいなと、そう思います。

小さなお子さんからオススメの雨の絵本です。


........................✎

【315】『かさ さしてあげるね』
西巻茅子 絵


160601
ayumi◡̈⃝