さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『はるにれ』


f:id:a_oyatsu:20151008160518j:plain


はるにれ (日本傑作絵本シリーズ) 』

姉崎一馬


........................✍


今日は木の日だそうです。


木を題材に扱っている絵本も数多くありますが、1番に浮かぶ絵本はこの絵本です。


個人的にとてもとても好きな絵本。

絵本と言っても、全て写真です。

そして文字は、全くありません。


でも沢山のことば達が、この絵本には詰まっています。


今日紹介させてもらう絵本は、『はるにれ』です。


北海道の十勝平野にそびえ立つ、1本の木はるにれ。


冬を目前にした秋から、この絵本は始まります。


やがて雪が降り、北海道の厳しい冬がやってきます。


はるにれにも雪が積もり、辺り一面銀世界。


そんな厳しい冬もやがて終わりを告げ、緑眩しい春へと変わって行きます。


春夏秋冬。

朝、昼、夜。


1本のはるにれを中心に、この絵本には確実に時が流れています。


銀世界の中に凛と立つはるにれ。

そのはっとする様な美しさに、絵本を開く度に感動させられます。


最初に述べましたが、この絵本には文字は全くありません。


ですが、はるにれを取り巻く自然の美しさ、厳しさ、雄大さ。


太陽や月のひかりがまるで語りかけてくるかの様に、無限のことばがこの絵本には詰まっていると思います。


感じたことを親子で話してもいいし、1人言葉にせずにゆっくりと開いてもいい。


少し深呼吸をしたくなった時に、この一本の木にパワーを分けてもらってもいい。


どんな時でも、変わらず根を張り、はるにれはそこに在ります。


どんな人でも、どんな気持ちでも、優しく大きく包み込んでくれる。


それが、『はるにれ』です。


目安は4才からとありますが、文字がない分何歳でも楽しめると思います。


嘘偽りのない「写真」だからこそ、伝わるものが大きな絵本です。


........................✍


【76】『はるにれ』

姉崎一馬 写真

福音館書店 1981/11


文字がないとどう読んでいいのかわからない、そういった声もよく聞きます。


大人はどうしても文字を読む事に慣れてしまっているので、文字がないと確かに若干戸惑ってしまいますよね。


でも、子どもはまず文字ではなく、絵を見ます。


大人が思うよりもずっと簡単に、文字がない絵本を「読む」事ができると思います。


文字があると大人はまず文字を読み、絵を見ます。

そんな大人でも真っ先に絵を見ることができる。

そして色々、想像を広げる事ができる。


文字のない絵本は、大人にこそとても魅力のある絵本だと、わたしは思います。


........................✂


ここ数日夜中や息子のお昼寝中にガサゴソ整理整頓して、ようやく家の中がスッキリしてきました。


まだキッチンの整理整頓が残っていますが(´◡`;)笑


年末に慌てて大掃除しなくてすむ様に、今からコツコツ進めたいです。



151008

ayumi◡̈⃝