さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『きょうは みんなで クマがりだ』

 

 

f:id:a_oyatsu:20150808174130j:plain

 

 

きょうはみんなでクマがりだ (児童図書館・絵本の部屋) 』

マイケル・ローゼン 再話

ヘレン・オクセンバリー 絵

山口文生 訳

 

........................✍

 

今週からお盆休みに入られたご家庭も多いかと思います。

 

海に山に川に。

暑いですけど、目一杯家族で夏の思い出をつくりたいですね。

 

今日ご紹介する絵本は、家族で読むのにぴったりのこの絵本。

 

『きょうは みんなで クマがりだ』です。

 

きょうはみんなでクマがりだ。

つかまえるのはでかいやつ。

そらはすっかりはれてるし

こわくなんかあるもんか!

 

とってもリズム感のいい文章ですよね。

 

これは伝承されている子ども達のあそび歌を絵本にしたものなんです。

 

かわを越えて、ぬかるみを越えて、もりを越えて。

家族みんなで力を合わせて、クマがりへ向かいます。

 

本当にクマなんているのかな?

そんな風に思ってしまいますが、最後に入ったほらあなには、何と大きなクマが!!

 

ここからの展開が、もうとにかく面白い!

来た道を猛スピードで帰って行きます。

勿論クマは追いかけてくる!

 

文章だけでなく、絵からもそのスピード感を思う存分感じる事ができます。

 

ラストのクマはどこか哀愁が漂っていて微笑ましく、個人的にとても好きな一コマです。

もしかして、一緒に遊びたかったのかな?

 

リズム感の良い文章に、何度も繰り返される展開は子ども達を引き込みます。

 

基本的には白黒ですが、効果音のページはうまく色も組み合わさっていて、色遣いもとても秀逸な絵本です。

 

駆け抜ける様な後半も、子ども達はとても喜ぶと思います。

大人が読んでも面白い!

 

是非家族みんなでことば遊びをしながら、楽しんでもらいたい1冊です。

 

........................✎

 

【16】『きょうは みんなで クマがりだ』

マイケル・ローゼン 再話

ヘレン・オクセンバリー 絵

山口文生 訳

評論社 1991/01

 

ことばあそびの絵本があります。

 

これは伝承されている子どものあそび歌を絵本にしたものですが、同じフレーズが繰り返される中で物語が進んでいく面白さがあります。

 

日本のことばあそびでは、寿限無寿限無なんかも有名ですね。

あいうえおのことばあそび、擬音満載のことばあそび、マザーグース...ことばは無限の遊び道具かもしれません。

 

ことばあそびを題材にしている絵本も沢山あります。

 

それだけ子ども達は、ことばで遊ぶのが大好きなんでしょうね。

 

また色々、ことばあそびの絵本も紹介していきますね。

 

........................✂

 

昨日は息子は主人に見てもらい、わたしはお家の整理整頓に勤しみました。

 

昔は物が溢れかえっていた我が家ですが、服の断捨離をきっかけに断捨離熱が上がり、今ではかなり少なくなりました。

 

それでも整理整頓するたびにいらないものが出てくるので、それだけ不必要なものを増やしてるのかなぁと毎回反省です。笑

 

絵本や本は欠かせないので今流行りのミニマリストとは違いますが、お気に入りのものだけに囲まれた使いやすいお家を目指します。

 

この一週間はお盆休みのご家庭が多いでしょうね。

 

我が家は特に遠出の予定はありませんが、家族でお出かけされる方は是非、楽しんできて下さい◡̈♥︎

 

 

150810

ayumi◡̈⃝