さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『どうぶつにふくをきせてはいけません』

 

f:id:a_oyatsu:20150913093043j:plain

 

どうぶつにふくをきせてはいけません 』

ジュディ・バレット 文

ロン・バレット 画

ふしみみさを 訳

 

........................✍

 

本屋さんで、あるいは図書館で、ふと手にした絵本が思いの外面白かった、感動した、心の琴線に触れた...なんて経験はありませんか?

 

何の予備知識もなく手に取った絵本が「これは面白い!」と思うと、よりその絵本に愛着がわいたりしますよね。

 

わたしにとってこの絵本がそんな絵本です。

 

初めて手に取ったのは図書館。

まだ息子は4ヶ月とかで、到底この絵本の意味がわかるとは思えませんでしたが、わたしは迷わず借りて帰りました。

初めて自分の為に借りた絵本だとも言えます。

 

今日紹介させてもらう絵本は、『どうぶつにふくをきせてはいけません』です。

 

もう、表紙から面白さが滲み出ているこの絵本。

 

ヤマアラシがオシャレなワンピースを着ています。

 

着ているんです。でも、ヤマアラシの針が刺さりボロボロになって、最早ワンピースではありません。

 

絵本の中はそんな動物でいっぱい。

 

らくだやへび、ブタ、カンガルー...沢山の動物達が服を身につけてるのだけれど、これが何かおかしい。

おかしいというか、最早迷惑な域に達しているのに、動物達は「何か?」という様な表情。

このちぐはぐさがまた面白い。

 

中でも一押しは、にわとりです。

この面白さは是非、実際に絵本を見て感じて下さい。

ここでネタバレするのは勿体無い。笑

 

最後は、ちょっときまずいオチもついています。

思わず苦笑。

 

ユーモアとちょっぴり皮肉が詰まったこの絵本。

文字数は決して多くなく、小さなお子さんから楽しめると思いますが、是非大人の方にも読んでくすっとしてもらいたいと思います。

 

作者のジュディ・バレットとロン・バレットは、よほど寒い日に犬がコートを着る以外は、動物に服を着せる事は反対なんだとか。

 

最近は可愛いペットの服や小物など沢山ありますが、果たして彼等にとってどれだけそれが必要なのか...。

飼い主の愛情も勿論あるとは思いますが、確かにどこかアクセサリーの様になってたりもしますよね。

 

動物達の声が聞けないだけに、もし動物達がこの絵本を読んだら、絶賛するのかどうかが気になります。笑

 

........................✎

 

【51】『どうぶつにふくをきせてはいけません』

ジュディ・バレット 文

ロン・バレット 画

ふしみみさを 訳

朔北社 2005/12

 

本屋さんに行けば絵本は沢山あります。

 

ブックガイドにも沢山の絵本が紹介されていたりして、どの絵本を子どもに与えたらいいのか迷う事も多いですよね。

 

絵本を選ぶ基準をどうしてるか聞かれる事もありますが、まずは読む大人が楽しめること、これが1番だと思います。

 

このBlogでも何度か書いていますが、絵本は基本大人が子どもに読んであげるものだと思っています。

 

読み手である大人が楽しくなければ、子どもが楽しく読めるはずがありません。

 

例え評判がとても良い絵本でも、良書だと紹介されている絵本でも、はたまたロングセラーの古典でも、まずは大人が読んでみて、「面白いな」「好きだな」と思えるかどうか。

それがひとつの基準になるのかな?と思います。

 

万が一絶賛されている絵本でも、何か違うと思えば、敢えてそれを読む必要はないと思います。

 

肩肘張らず、絵本を親子で楽しめたらいいですね。

 

........................✂

 

昨日は実家の父が我が家に泊まりに来ていました。

 

久しぶりのおじいちゃんですが、じいちゃん大好きな息子はすぐに懐いて、何をするにも「じいちゃん」でした。笑

 

夜は主人の実家に行ったのですが、これまた大好きなおじいちゃんがいて、ご満悦な息子。笑

 

ほんと、おじいちゃんっ子です(´◡`;)笑

 

 

150913

ayumi◡̈⃝