読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『なつの あさ』

夏の絵本 乗り物絵本

 

 

f:id:a_oyatsu:20150820161043j:plain

 

 

なつの あさ (至光社国際版絵本) 』

谷内こうた

 

........................✍

 

なつのあさは しろい

 

そんな言葉から、この絵本は始まります。

 

空気も自然も生命も、キラキラと瑞々しく輝いている夏の朝。

この言葉は、限りなく透明に近い白い空気を連想させます。

 

まだ誰も起きて来ていない夏の早朝。

連日の雨で、今朝は空気も心なしか澄んでいます。

 

そんな今日紹介させてもらうのは、この絵本。

『なつの あさ』です。

 

 

みんな寝静まっている夏の朝。

ぼくは急いで自転車を漕ぎます。

 

間に合うかな。

間に合うかな。

 

朝の特別な「あれ」に会うために、ぼくは急ぎます。

 

 

文字数はとても少ない、シンプルな絵本です。

小さなお子さんから十分に聞ける内容です。

 

男の子は特に大好きな「あれ」も登場します。

(それが何かは、是非絵本を見て確かめて下さいね。)

 

でもこの絵本は是非、大人にも楽しんでもらいたいと思います。

 

今となっては忘れてしまった子どもの心。

特別なもの。耳に残る音。

景色全てが変わって見える瞬間。

 

記憶にとどめたくて、クレヨンで一生懸命に描いた、夏の思い出。

 

そういった瑞々しさを、少しだけ思い出させてくれる絵本です。

 

デザインもシンプルで、1ページ1ページが絵画の様に綺麗です。

 

家族より少しだけ早く起きた朝。

静かにそっと、童心に帰れるオススメの1冊です。

 

........................✎

 

【28】『なつの あさ』

谷内こうた

至光社 1970/06

 

絵本は子どもが初めて触れる芸術作品だと、わたしは思っています。

 

初めて食べる食べ物。

初めて袖を通す服。

初めて触れるおもちゃ。

きっと親はとても気を使って選ぶと思います。

 

絵本も同じだと思います。

初めて触れる絵本。初めて触れる芸術。絵も文章も、出来るだけ本物でなければいけない。

そう思います。

 

どうせ子どもの絵本だから。

そこまで子どもはわかってないだろう。

 

そうではなくて、「子どもの絵本だからこそ」しっかりとしたものを手渡さなければならないと思います。

 

「良い絵本」という分類は、なかなか難しいです。

 

ですが、自分が読んだ時に「これは子どもの頃に出会いたかったな」と思えたり、自然と頬が緩んだり、静かに感動する事が出来たり。

そういった、自分の琴線に触れた絵本は、子どもに手渡してあげたいと思います。

 

今や絵本は溢れている時代です。

そこから子どもに与える絵本を選ぶのは、なかなか難しい。

わたしが、わたしが、と自己主張の強い絵本も沢山あるからです。

 

迷ったらまずは、大人が読んでみて下さい。

見て、触って、食して、体験していかないと、何であっても「本物」は見抜けないと思います。

 

わたしもまだまだ沢山、絵本を経験していきたいです。

 

........................✂

 

昨日は一日お家だったので、今日はお外に少しでも出なきゃと思いつつ、雨です。

 

おばあちゃん家に遊びに行こうかな。

 

図書館に予約してた本が届いたので、図書館経由で行こうかと思います◡̈

 

最近本が読めてないなぁ、何でだ?と思ってたら、何の事は無い、図書館の予約本が届いてなかったからでした。笑

 

手元に読む本がなかった。笑

 

本がないとやっぱり、落ち着かないです。

 

 

150821

ayumi◡̈⃝