さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『うさぎのニコラス』

f:id:a_oyatsu:20160701080147j:image

うさぎのニコラス  』

リチャード・スキャリー 絵

オーレ・リソム 作

木坂涼


........................✍

 

本屋さんに行くと必ず新刊コーナーはチェックするのですが、絵本の新刊コーナーで「これは!」というものに出会えるのは実はそんなに多くなく。

だからこそ「これは!」というものに出会えた時はとっても嬉しいのですが、先日その「これは!」に出会いました。
しかも、一気に2冊も!

ということで、今日はその内の1冊を紹介させて下さい。

梅雨の時期にはぴったりの表紙の『うさぎのニコラス』。
ハードカバーの洋書絵本で見かけたことがありましたが、翻訳された様です。(以前シリーズもので翻訳されていた気がしますが...恐らく今は絶版です)

 

うさぎのニコラスは、大きな木の「うろ」に住んでいます。

春には花や蝶々と戯れて、夏には虫やカエル達を眺めて過ごします。
雨が降ればきのこの傘で雨宿り。
たくさんの落ち葉が舞う秋や、雪の便りが届く冬。自然の中でその時その時の楽しみを見つけながら暮らすニコラスの姿が描かれています。

 

小さなサイズですが、縦に長い仕様は目一杯描かれた美しい自然を際立たせます。

春夏秋冬、それぞれの魅力をニコラスと共に感じることができると思います。

何と言っても、その絵や色遣いの美しさ!
リチャード・スキャリーは『あかちゃんうさぎとパパ』という素敵な絵本も描いていますが、それもとても美しい絵が魅力的です。

絵本は小さな芸術作品。
子どもが初めて触れる美術作品でもあります。

是非小さな内からこういった「美しい」作品も、子ども達に親しんでもらいたいと思います。

新刊絵本ですが、是非とも長く長く愛されて欲しい1冊です。


........................✎

 

【327】『うさぎのニコラス』
リチャード・スキャリー 絵
オーレ・リソム 作
木坂涼
好学社 2016/06


160613
ayumi◡̈⃝