さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『おつきさま こっちむいて』

f:id:a_oyatsu:20151215113836j:image
片山令子 文

........................✍

今日のお月様はとても細い綺麗なものでした。

息子と自転車から眺めながら、思い浮かんだのはこの絵本。
息子もそうだったのか、「おつきさま、こっちむーいて」と嬉しそうに言っていました。

今日はその絵本を紹介させて下さい。

今日の絵本は、『おつきさま こっちむいて』です。

ほそい ほそい おつきさま。
こっちむいて。
おなかが すいてるの?
ぼくと おんなじだね。

ねえねえ おつきさま。
どうして ずーっと、
ぼくのあとを ついてくるの?

男の子が見上げるお月様は、いつも形を変えて男の子を見守ってくれています。

そのひとつひとつを、子どもならではの感性で表現する男の子。
まるでお月様は男の子のお友達の様です。

月はいつも形を変えて、わたし達の前に姿を現します。
月の満ち欠けや季節によって見える月の違いは、大人のわたし達は理解できますが、子どもにとってはちょっとした不思議になるのかもしれません。

最初から「地球は自転していてね、月は地球の周りを回っていてね...」なんて説明しても子どもはちんぷんかんぷんでしょうが笑 こうした子どもの視点で描かれた絵本から、「お月様は色んな顔を持ってるんだな」ということを感じて、同じお月様なのに何でだろう?という疑問に発展するのかもしれません。

自ら「どうしてだろう」と感じることが、学びへの一歩だと思います。
無理に疑問を投げかけるのではなく、大人が自然と子どもにその種を蒔いてあげる...それが大切なんじゃないかな、なんて思います。

この絵本は、福音館書店から出版されている「ふしぎなたねシリーズ」です。
元々月刊絵本の「ちいさなかがくのとも」として発売されていたものの中から、定番化されたものになります。

正に、「ふしぎなたね」。
どの種を芽吹かせるかは、子ども達の自由です。
そんな種を、絵本を通して楽しみながら、沢山蒔いてあげたいなぁと思います。

........................✎

【143】『おつきさま こっちむいて』
片山令子 文

今日は京都の東山にある、「ちいさい部屋」で開催されていた「人形とえほん」へ行ってきました。

高台寺の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんから何点か絵本が届いていましたが、どれも貴重なものや素敵なものばかりで、1人テンション高く見させていただきました。

ずっとずっと探していた絵本が見つかり、その絵本と息子が気に入った1冊を連れて帰ることができました◡̈

そして帰りに息子が楽しみにしていた動物園に寄ると、何と休園日。。笑
また行く事を約束して、帰宅しました´◡`;笑


151214
ayumi◡̈⃝