読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『おちゃのじかんにきたとら』

f:id:a_oyatsu:20151102111823j:image

ジュディス・カー 作
晴海耕平 訳

........................✍

今日から11月!
何だかここ数日で一気に寒さが増した気がします。

ハロウィンもあっという間に終わり、多分気付けば街はクリスマス一色になるんだろうなぁ。

クリスマス絵本もまた、徐々に紹介させてもらえたらと思います。

今日11月1日は、紅茶の日だそう。
そして今日の絵本で、丁度100冊目!!
記念すべき?100冊目は、紅茶の日にぴったりな、わたしの大好きな絵本を紹介させてください。

好きな絵本トップ10には確実に入るこの絵本。
表紙からもう大好きで、我が家のどこかに必ず飾ってあります。笑

今日の絵本は、『おちゃのじかんにきたとら』です。

ソフィーがおかあさんとおちゃをしようとしたら、招かれざる客がやって来ます。

「おちゃのじかんに、ごいっしょさせていただけませんか?」とやって来たのは、なんと、とら!!

ソフィーとおかあさんは丁寧に迎え入れ、とらも行儀良くテーブルにつきます。

しかし、行儀が良いのはここまで。

とらはソフィーが差し出したサンドイッチもパンもビスケットもケーキもティーポットのお茶も牛乳も、全部食べて飲み干してしまいます。

それでもまだお腹のすいているとらは、作りかけの夕飯も戸棚の中の缶詰めも、飲み物も、水道の蛇口から水も全部!食べて飲み尽くしてしまいました。

ようやく満足したとらは、「すてきな おちゃのじかんを ありがとう。ぼくは、そろそろ おいとまします。」とこれまた丁寧に行儀よく挨拶をして帰って行きました。

さぁ、困ったのはおかあさん。
とらが全部食べてしまったせいで、夕飯がなくなってしまいました。

おとうさんが帰って来て、一部始終を話して相談します。
それを聞いたおとうさんは、とっても素敵な提案をしてくれます。

突然家にとらがやって来るというだけでも驚いてうろたえてしまいそうですが、ソフィーもおかあさんも落ち着いてとらを迎え入れるところが、何とも面白いこの絵本。

ソフィーに至っては、とらが次から次へと家中のものを漁って食べているにも関わらず、とらのしっぽを嬉しそうに触ったり、このとらがやって来たことを心から喜んでいます。

そしてまた、見るからに紳士的なおとうさんのこれまた紳士的な対応がとても素敵。

とらが家におちゃしにやって来るというハプニングにも関わらず、ソフィー一家はみんな、落ち着いてこのハプニングを楽しんでいます。

マイナスに行こうと思えばいくらでもマイナスに行けそうな出来事なのに、ソフィー達はマイナスどころかこのハプニングをプラスにしてしまっている。
どんなハプニングでも、ソフィー達の様に落ち着いて、丁寧に、結果的に楽しめたら1番だと、この絵本を読む度に思います。

そして、このとらの行動と言葉のアンバランスさが面白い!

こんな珍客がやって来るおちゃのじかんもまた楽しい...かもしれませんね。

........................✎

【100】『おちゃのじかんにきたとら』
ジュディス・カー 作
晴海耕平 訳
童話館出版 1994/09

好きな絵本を10冊選ぶとしたら、皆さん何を選びますか?

よく、1番好きな絵本は何?と聞かれるのですが、なかなか1番が決められません。笑

10冊に絞るのも難しい。笑

でもある程度、好きな絵本を何冊か引っ張り出してくると、何となく自分の好みや選書基準が見えてきて面白いです。

わたしはくまの出てくる絵本が多かった。笑
絵本自体、くまが出てくる事は多いんですけどね。

1冊だと見えてこないものが、何冊も並べてみると見えてきたりするので面白いです。

........................✂

今日から11月。

今日は地域のイベントで市民オーケストラを聴きに行って来ました。

子連れも大丈夫とのことで、ありがたかったです。

以前少しだけオーケストラを軽減していたことがあり、バイオリンを少しかじっていたので、久々の生オケの音は懐かしく、やっぱりオケはいいなぁと実感♩

演奏した事のある曲もあり、とても楽しめました。

そんな中息子は、2曲目まではとても大人しく聴いていたのですが、3曲目から「だっこ」になり、すやすや夢の中。。笑

お昼寝の時間だったしね´◡`;

そのおかげで母はゆっくり聴けました♡

オーケストラだけじゃなぐ、色々な生の音を機会がある限り聞かせてあげたいと思います♩


151101
ayumi◡̈⃝