さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『かいものづくし』

f:id:a_oyatsu:20160828201516j:image

『かいものづくし』


........................✍

 

新刊絵本で楽しい1冊を発見しました。

 

どこか懐かしい雰囲気の漂う商店街。
子どもの目線で、おみせやさんを巡ります。

 

すすめや すすめ
ゆけば ゆくほど おみせが ふえる
すいすい すきっぷ しょうてんがい

 

何ともリズム感のいい文章。
まるで下町の威勢のいいお店やさんの様です。

 

魚屋さんや肉屋さん、果物屋さん、パン屋さん。
読み手も順番に買い物をしている気分になれます。

 

「今日は何買う?」なんてお買い物ごっこをしながらも楽しめそうです。

 

全てスーパーに行けば事足りる現代。
でも、ひとつひとつの物に対して「こだわり」を持ち続けるプロフェッショナルの様なお店も、ずっと残っていって欲しいと思います。

 

我が家の近所にも果物屋さん、お肉屋さんがあります。
お肉屋さんのコロッケはやっぱり格別で、息子も大好物。中学生が部活帰りに数十円のコロッケを頬張っている姿を見ると、何だか嬉しくなります。
そんな風景が、きっとこの絵本の奥にはあるのだと感じます。

 

決して古臭い雰囲気ではないけど、どこか日本の原風景の様な1冊。
この絵本を読んだ後は、近くの商店街へ繰り出したくなります。

 

見開きもレトロで可愛らしい雰囲気なので、是非じっくり見て下さいね。


........................✎

 

『かいものづくし』
いしだえつ子 文
いしはらみえこ 絵
福音館書店 2016/08


ayumi◡̈⃝