さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『うみ』

f:id:a_oyatsu:20160726191212j:image

『うみ』

中川ひろたか 文

はたこうしろう 絵


........................✍

 

7月は息子の誕生月です。
そして、誕生月の絵本があることを知りました。

 

7月の絵本は、『うみ』。


夏だからそのテーマも頷けますが、息子の名前も海にちなんだものなので、何だか勝手に運命を感じてしまっている1冊。

 

内容も、とても穏やかな、素敵なものでした。

 

お母さんのおなかの中には海がある。
赤ちゃんはその海の中をぷかぷかしてる。

来週赤ちゃんを産むお母さん。
「うみます」という言葉の中にも、「海」がある。

そんな出だしから始まるこの絵本。


最初から一気に惹きつけられてしまいました。

「うみます」という言葉の中に「海」があるなんて、初めて気付きました。

 

生命は最初は全て海から始まっています。
「海」という漢字の中には「母」がある。
人はみんな海に包まれて生まれてきたのだと、感じさせてくれます。

 

夏の海に包まれている男の子の姿を見ていると、こちらまで海に包まれているような、あたたかく幸せな気持ちになります。

 

それは過ぎ去りし日に母親に抱かれた気持ちに似ている様な...そんな気がします。

 

いつか息子が大人になって、この絵本を開く時に。
息子の名前に込められた想いを。幼い頃のかけがえのない日々を。その時側にいた母親の愛を。
少しでも感じてくれたら、幸せです。

 

誕生月の絵本となっていますが、誕生月でないお子さんも是非読んでもらいたい、またお母さん達にも読んでもらいたい、素敵な1冊です。

 

ちなみに、最後のページには7月がどんな月なのか、7月のあれこれも載っています。
誕生月がより特別なものになりそうです。


........................✎

 

【】『うみ』
中川ひろたか 文
はたこうしろう 絵
自由国民社 2011/06


160725
ayumi◡̈⃝