さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『にんじんのたね』

f:id:a_oyatsu:20160722111935j:image

にんじんのたね 』

ルース・クラウス 作

クロケット・ジョンソン 絵

おしおたかし 訳


........................✍

 

前回紹介した絵本と同じく、この絵本も種から野菜を育てる内容となっています。

でも少し雰囲気の異なるこちら。
洋書絵本でも人気の高い1冊です。

 

おとこのこがにんじんのたねを植えます。
でも周りの人たち、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、みんな「め なんか でっこないよ」と言います。

それでもおとこのこは、毎日水をやり、周りの草を取り、芽がでるのを待ちます。

 

そんなおとこのこの気持ちが通じたのか、ある日、にんじんの芽が出て、とっても大きなにんじんを収穫することができました。

 

ほらね、
おとこのこが
おもっていた とおりに
なったでしょ。

 

構成も、左ページが文章、右ページが絵と、昨日紹介した『ピーレットのやさいづくり』と似通っています。

 

文字数は圧倒的にこちらの方が少なく、薄い小さな絵本ですが、こちらの方がより大きなお子さん向けだと感じます。

 

内容はとても単純ですが、言葉が少ないからこそ、哲学的な雰囲気があります。

 

種を信じ続けた名もないおとこのこ。
誰かはきっと、自分のことを信じてくれている。そんな気持ちにさせてくれます。

 

文章量や絵本の厚み、つい年齢と合わせて考えてしまいがちです。
勿論、文字数と年齢は全く関係ないわけではありません。

 

でも、文章量が少ないから小さな子ども向け。
文章量が多いから大きな子ども向け。
そんな風に単純には考えられないとも思います。

 

少なくともこの絵本は、大人も何か感じるところのある1冊だと思います。

シンプルな絵や色遣いも魅力的な絵本です。


........................✎

 

【334】
『にんじんのたね』
ルース・クラウス 作
クロケット・ジョンソン 絵
おしおたかし 訳
こぐま社 2008/11


160620
ayumi◡̈⃝