読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『あかい ふうせん』

f:id:a_oyatsu:20160714181208j:image

あかいふうせん 』

イエラ・マリ


........................✍

 

最近たまに息子と楽しんでいるカードゲーム、「Amigo バルーンズ」。
自分の風船のカードがめくったアクションカードに応じて飛ばされたり、割れたり、はたまた復活したり...という比較的単純なゲームで、3歳くらいから楽しめるかな?と思います。

 

それもあってか、風船に今までより興味を示す息子。
こんな絵本を、部屋に飾ってみました。

 

イエラ・マリは、字のない絵本で有名です。
この絵本も文字は一切ありません。

 

はっきりとした線や色合い、豊かな発想は、大人の方も魅了する力を持っています。

 

赤い風船が空に飛んだかと思いきや、それはリンゴに変わり、落ちたリンゴは蝶へと変化を遂げます。

 

赤は様々な形に変わって行き、最後は雨の中、真っ赤な傘へ。

梅雨の時期にもぴったりの1冊です。

 

表紙は鮮やかなグリーンですが、内容は赤以外は白黒の世界です。
だからこそ、赤がより引き立ちます。

 

デザイン性も高いので大人向けのイメージがありますが、はっきりした色使いや形への変化は、小さな子どもが見ても十分楽しめると思います。

 

無理にお話をつけなくてもいいと思います。
ただ親子で眺めるだけでもいいし、「こんなものに変わったね」と話してもいいし、読み終えた後に「これからどんなものに変わるかな?」と想像するのも楽しそうです。

 

絵本は子どもが初めて触れる芸術でもあります。

美しい絵、日本語は勿論、こうしたデザイン性の高いもので尚且つ質の良い絵本もまた、小さな内から触れていて欲しいな、と思います。


........................✎

 

【332】『あかい ふうせん』
イエラ・マリ
ほるぷ出版 1976/09


160618
ayumi◡̈⃝