読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『こぐまちゃんのみずあそび』

f:id:a_oyatsu:20160607152709j:image
森比左志
わだよしおみ
 
........................✍
 
昨日はなんと、息子初めてのスイミング体験でした。
 
前にも少し書きましたが、息子は泥遊びも水遊びも大嫌い。
特に水遊びは「靴はいてるから」「まだ水が冷たいから」「虫がいるから」と難癖つけて絶対にしようとしません。笑
 
スイミングだけは子どもには習わせるとずっと決めていたので、この夏前に、とまずは体験に。
 
案の定、嫌だ嫌だと泣き叫び、プールに泣き声が響き渡っていましたが笑 しばらくしたらさすがプロの先生、少しずつ水に触れることができる様になり、最後は先生から少し離れて水に入ることもできました。
 
もっと嫌がるかと思いましたが、本人も「プールまた行く」と言っていたので、来週から本格的に通うことに。
 
さぁ、どうなるでしょう。乞うご期待です。笑
 
水遊び嫌いなお子さんに「水遊びは楽しい」と思ってもらえる様な絵本もあります。
 
こぐまちゃんシリーズのこちらも、そんな絵本。
 
子どもの代名詞の様なこぐまちゃん。
お手伝いでお花のお水をあげていたかと思えば、その水をありの上にもかけてしまったり、ホースを持ってきたしろくまちゃんと水のかけっこを始めたりと、やりたい放題です。
 
こんな「いたずら」、大人からしたら「勘弁してよ」かもしれませんが、あとがきには「いたずら」が大切だと書かれています。
 
あくまでいたずらは、子どもの自主的な行動。
そしていたずらには、発展と応用があります。
勿論、絶対にダメだという線引きはありますが、大人が多少目をつぶれる範囲のいたずらは、子どもに自由にさせてあげたいとも思います。
 
やりたい放題のこぐまちゃん達ですが、水をかけてしまったありさんを葉っぱのボートに乗せてあげたりと子どもらしい優しさも描かれています。
(ありがた迷惑な優しさが、子どもの優しさです。笑)
 
水遊びだけでなく、子どもの心を自由に解放してくれる様な、こぐまちゃんのシリーズ。
 
是非子ども達と一緒に、大人も楽しみたいですね。
 
 
........................✎
 
【320】『こぐまちゃんのみずあそび』
森比左志
わだよしおみ
こぐま社 1971/11
 
 
160606
ayumi◡̈⃝