読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『コッコさんとあめふり』

f:id:a_oyatsu:20160607174408j:image

コッコさんとあめふり (幼児絵本シリーズ) 』

片山健

........................✍

本格的に梅雨入りした様な空模様です。
雨の絵本で梅雨の季節も楽しもう、と言いつつも、本音はやっぱり梅雨の季節は苦手。

できれば晴れの方がやっぱり嬉しいです。

あまり雨が続く様なら、てるてる坊主にお願いしてみるのもひとつの手かな?
そういえば去年も息子と沢山てるてる坊主を作った気がします。

わたしの大好きなコッコさんシリーズのこの絵本も、続く雨模様をどうにかしようと、コッコさんがてるてる坊主にお願いします。

てるてるぼうず
てるてるぼうず
あしたてんきにしてください

歌う様に、コッコさんはてるてる坊主を作ります。

でも、なかなか晴れにはなりません。

てるてる坊主の中にお手紙を入れてみたり、疲れてるのかもとお休みさせてあげたり...コッコさんの必死な思いと優しさが垣間見えます。

歌絵本とはまた違いますが、まるで歌う様に読める文章は、耳にもとても心地いいです。

てるてる坊主はコッコさんのお願いを叶えてくれるのでしょうか?

長い梅雨もいつかはあけて、日差しの眩しい夏がやって来ます。

最後のページは、そんな明るい気持ちにさせてくれる、鮮やかなものとなっています。

雨模様が続いて大人も子どもも少しうんざりしてきた時は、この絵本を読んで、青空を待ちわびながらてるてる坊主を作ってみるのもいいですね。


........................✎

【318】『コッコさんとあめふり』
片山健
福音館書店 2003/05

 

160604

ayumi◡̈⃝