読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『おさんぽ おさんぽ』

f:id:a_oyatsu:20160605185041j:image
ひろのたかこ

........................✍

今日で5月も終わり。
明日からは6月です。

6月と言えば梅雨の季節。そろそろ週間天気予報に傘のマークが並ぶ季節になりますね。

どうしても気分が滅入りがちな梅雨の季節。
少しでも楽しく過ごすために、雨の絵本は欠かせません。

勿論、大人だけじゃなくて子どもも雨の季節を沢山楽しんで欲しい。
お外で思いっきり遊べなくて大なり小なり、ストレスは抱えてしまうと思います。

雨の日の楽しみを絵本から教えてもらう。
それもまた、雨の絵本の楽しみ方のひとつです。

この絵本も、そんな雨の楽しみ方が描かれています。

表紙には、綺麗なレインブーツ。
もしかしたら新品のおろしたてかもしれません。

おさんぽ おさんぽ

雨上がりの道を、ずんずんレインブーツを履いた足が進みます。

足元には、だんごむしさんやありさん、かたつむりさん、かえるさんも。

みんな、各々おさんぽを楽しんでいます。

そしておさんぽしながら見つけたのは、子どもの大好きなみずたまり。

もちろん、バシャバシャと入っていくレインブーツ。

躍動感あふれる水しぶきや、レインブーツが脱げようが御構い無しにバシャバシャ楽しむ小さな足。
思わず自分もやりたい衝動に駆られます。

たっぷりバシャバシャして、お土産にたっぷりの水をレインブーツに入れた足は、またおさんぽに繰り出します。

表紙でピカピカだったレインブーツは、裏表紙ではどろだらけ。

つい、雨の日や雨上がりのみずたまりは「濡れるから」「汚れるから」と避けてしまいがちですが、バシャバシャやるのはきっと大人でも気持ちよくて楽しいこと。

ピカピカのレインブーツより、泥だらけの方がきっと、レインブーツも喜ぶんじゃないかな、なんて思います。

最初から最後まで足しか描かれていないので、読者も感情移入して楽しみやすい1冊です。


........................✎

【314】『おさんぽ おさんぽ』
ひろのたかこ


160531
ayumi◡̈⃝