読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『はっきょい畑場所』

f:id:a_oyatsu:20160420232819j:image
かがくいひろし

........................✍

昨日は「穀雨」でしたね。
恵みの雨という言葉がしっくりくる日。
春の雨は作物にとっては恵みの雨となるということで、この時期の雨には様々な名前がつけられています。

この時期に農作業を始めることも多いそうで、冬の間は寂しかった田畑も、これから青々とした風景を見せてくれると思います。

ということで、今日はこんな面白い畑の絵本をご紹介させてもらいます。

作者は『だるまさんが』 - さんじのえほん。でお馴染みのかがくいひろしさん。
タイトルの『はっきょい畑場所』からして、かがくいさんワールドを期待できる1冊です。

大相撲、畑場所の千秋楽。
試合は4回戦が終わり、残すところ3試合となっています。

たまね錦(たまねぎ)とにんじ若(にんじん)の試合は、たまね錦の皮がむけたことでにんじ若が滑りたまね錦の勝ち!

他にもきゅう竜(きゅうり)となすび里(なすび)の試合、すい海(すいか)とだいこの嵐(だいこん)の横綱試合は手に汗握る(?)展開に。

なんともほのぼのとした笑いのある畑場所です。

最後のほっこりしたあたたかさは、かがくいさんの人柄をよく表している様に思います。

かがくいさんの絵本は、ほのぼのとした笑いが特徴です。
赤ちゃんから大人まで、どんな時でもくすっと笑わせてくれる。
こんな優しい笑いを描けるのは、後にも先にもかがくいさんだけの様な気がします。

先日の熊本地震
避難生活が続く中、天気の崩れがまた深刻です。
何の力にもならないかもしれないけれど、今日は熊本産の茄子を沢山買いました。
連日の雨が、更に深刻な被害をもたらさないことを祈るしかありません。

畑場所の活躍が見れる様に、今年も田畑にとっての恵みの雨が優しく降ることを願います。


........................✎

【274】『はっきょい畑場所』
かがくいひろし
講談社 2008/08


160421
ayumi◡̈⃝