読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『だっこ だっこ ねえ だっこ』

f:id:a_oyatsu:20160414181948j:image

........................✍

2歳8ヶ月の息子。
赤ちゃんの頃から大き目で、今も体重は既に16キロあります。

赤ちゃんの頃からずっと抱っこ抱っこで、わたしの腰は最早限界を超えておりますが。笑

「抱っこして」と言ってくれるのも今だけ。
「抱っこ」と言わなくなったらきっと、この時期がとっても愛しく思えるんだろうなぁと思うと、大きな息子を抱っこする腕に力が入ります。

寝る時も抱っこな息子。
抱っこと言いながら、頭をお腹に乗せてきます。
どこかしら触れていたい、体温で安心したいんだろうなぁと思うと、例え重くてわたしが寝付けなくても笑 しばらくそうしてあげたい気持ちになります。

この絵本の最後に出てくる抱っこのシーンは、正に我が家の寝る時の抱っこスタイル。
初めて読んだ時は「同じだ!」とわたしが嬉しくなり、息子に読むと、大好きな抱っこが沢山でやっぱりお気に入りの1冊となりました。

色んな抱っこが出てきます。

にゃんにゃん にゃんにゃん
ねえ だっこ

猫のお母さんがお腹に赤ちゃんを乗せています。

ぶうぶう ぶうぶう
ねえ だっこ

ぶたの親子が気持ち良さそうに抱っこで眠っています。

ころころ ころころ
ねえ だっこ

ころころ...これは何だろう?
丸い玉がころころ転がっています。
小さな玉が、大きな玉にくっついて。

優しい抱っこの世界と、長さんワールドが上手く融合して、不思議なあたたかさを醸し出している絵本です。

靴やアイスクリームまで抱っこ抱っこ。
みんな抱っこが大好きなんだと微笑ましくなります。

ラストはお母さんが子ども達を抱っこ。

優しいお母さんの表情が、読者の子どももお母さんもどちらも安心させてくれると思います。

だっこ だっこ
ねえ だっこ

そう言ってくれる間は、沢山沢山抱っこするからね。


........................✎

【264】『だっこ だっこ ねえ だっこ』
2005/03


160411
ayumi◡̈⃝