読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『ボートにのって』

f:id:a_oyatsu:20160409152928j:image

........................✍

今日は久しぶりに妹が遊びに来ました。

息子と一緒に公園へ遊びに行き、あたたかい空気の中沢山お外遊び。

雨で桜はだいぶ散ってしまっていましたが、それでもバスの窓から見える菜の花や公園に咲くたんぽぽが、まだまだ春は始まったばかりだと教えてくれている気がしました。

息子が口ずさむ歌も、自然と春の歌が増えている気がします。
少し前までは自転車をこぎながら、寒い寒いと「北風小僧のかんたろう〜♩」と歌っていたのに、季節は本当に過ぎ去るのが早いです。

わたしと息子の暮らしの中に、絵本と同じくらい歌が欠かせないものとなっています。

お散歩する時、お風呂に入っている時、寝る前のお布団の中、気付けばどちらかが口ずさみ始めます。

絵本も勿論そうですが、一緒に歌を口ずさめるのも、そんなに長い期間ではありません。
手を繋ぎ、感じる季節の歌を一緒に歌える時間。
しっかりとわたしの記憶に刻みたいですし、息子の中にも、下手くそなわたしの歌が少しでも残ってくれたら嬉しいです。

そんな親子なので、歌絵本は大好きなジャンル。

歌ばかりが載っている絵本もありますが、この絵本の様に、お話の中に歌が組み込まれている素敵なものもあります。

とよたかずひこさんの、うららちゃんシリーズ。
乗り物好きな男の子にも、そうでない女の子にも、人気の高いシリーズです。

中でもこの『ボートにのって』は、わたしの中でシリーズ1.2を争う大好きな絵本。

うららちゃんとおとうさんがボートにのっています。

池の真ん中でボートをとめて、おとうさんはお昼寝。

おひさまはぽかぽか。
かぜはそよそよ吹き、菜の花のいい香りを連れてきてくれます。

春の陽気に誘われて、うららちゃんは小さく口ずさみます。

♫ちょうちょう ちょうちょう なのはに とまれ♫

すると、ちょうちょうがふわりふわふわと遊びにやって来ます。

嬉しくなったうららちゃんは、次々と歌います。

♫かえるのうたが きこえてるよ くわっ くわっ くわっ くわっ♫

♫もしもし かめよ かめさんよ♫

♫でてこい でてこい いけのこい♫

♫あひるの みずあび すい すい すい♫

そうすると、歌に合わせてかえるさん、かめさん、こいさん、あひるさんが、ボートへ遊びに来てくれます。

嬉しそうなうららちゃんの姿に、こちらまで嬉しくなってきます。

でもおとうさんが起きてしまうと、みんなびっくりして池へ帰ってしまいます。

せっかく仲良くなれたのに、バイバイも言えずにお別れ...でも、ラストはちゃんと、優しい結末が待っています。

童謡を楽しみながら、お話も楽しめるとても素敵な1冊。
春のこの季節に、是非お子さんと楽しんでもらいたい絵本です。

絵本には力があります。
同じ様に、童謡を始めとする歌にも力があると思います。
その力を1番発揮させられるのは、やっぱりお母さんの「声」だと思うのです。

上手い下手は関係なく、お母さんの優しい声をお子さんの心の中に残してあげて欲しいと、そう思います。


........................✎

【261】『ボートにのって』
アリス館 1997/10


160408
ayumi◡̈⃝