読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『くさはら どん」

f:id:a_oyatsu:20160321092425j:image

........................✍

今日は「春分」。
昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。
お彼岸と言えば「秋のお彼岸」の方が馴染み深いですが、春分の日を中心にその前後3日を合わせて7日間もお彼岸です。
この連休、お墓参りに行かれる方もいらっしゃると思います。

お彼岸のお墓参りに厳格なルールはないそうです。
家族揃ってご先祖のお墓へ出かけることが大切なんでしょうね。

この季節にお墓参りに行くと、春の訪れを感じます。

路肩に咲くたんぽぽや菜の花、シロツメクサなどの春の花たち。
少し踏み込むと、バッタやちょうちょ、てんとう虫なんかも見かけます。

実家のお墓は山の上にあったので、お墓参りの道中に沢山の自然と触れ合えた記憶があります。

この絵本にも、沢山の小さな生き物が出てきます。

まちから、くさはら、はやし、あぜみち。
くさはらを通り、かわらへと向かう子ども達。

その足元がこの絵本の舞台です。

くさはらに、「どん」と子どもの足が。

その拍子に、足元にいる生き物達が動き出します。

大人の目線では見逃してしまう小さな命達。
そんな息吹を、この絵本で思う存分堪能できます。

作者は松岡達英さん。
小さな赤ちゃん向けの絵本『ぴょーん』でお馴染みの作者さんですが、虫や自然を描いた絵本を多く手がけられています。

躍動感溢れる小さな命達。
虫好きなお子さんは勿論、まだ馴染みのないお子さんも、生き物の活動が活発になるこれからの季節、是非楽しんでもらいたい素敵な1冊です。


........................✎

【241】『くさはら どん』

田の畦道を通ると、沢山の春の息吹を感じる様になりました。
三寒四温ですが、徐々に温かさが増してきていますね◡̈


160320
ayumi◡̈⃝