読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『ちいさいタネ』

科学絵本 自然絵本
f:id:a_oyatsu:20160312031146j:image
エリック=カール 作
ゆあさふみえ 訳

........................✍

ある秋の日。
花の種達は風にあおられ、空中に飛び散りました。
これから種達は、遠い遠いところまで旅をします。

そんな種の中に、ひときわ小さな種がいました。
この種も、みんなと一緒に旅に出ます。

途中、力尽きて落ちてしまう種もあります。
落ちた場所がとても寒いところだったり、暑いところだったりすると、その種はもう芽を出すことができません。

また、途中で生き物達の餌になってしまう種もありました。
小さな種は、あまりに小さく、生き物達に見つからずにすみました。

やっとのことで地面に降り、冬を越え、ようやく芽が出せても、花が咲くまでまだまだかかります。

小さな芽の時に子どもの足に踏まれてしまった仲間もいました。
大きな花を咲かせたと思ったら、人の手によってぽきりと折られた花もありました。

そんな中で、小さな種は小さな葉を出し、やがてとてもとても大きな花を咲かせることができました。

多くの仲間達は花を咲かせることができませんでした。
それでも小さな小さな種は、大きな大きな花を咲かせ、やがて季節が巡り秋が来た時には、その花に沢山の種を宿していました。

そしてその種達は、また風に乗って旅を始めるのです。


この絵本は、科学絵本でもあります。
種から花へ、そしてまた種へ。
順調に大きくなる種もあれば、途中で力尽きてしまう種もある。
ここに描かれる種は、自然のサイクルの中でそれぞれの役割を果たしています。

でも、絵本は読み手によって変わります。
読む時期によって変わります。
どんなことを思い抱いてもいいのです。

わたしは今日という日に、この絵本を選びました。

沢山の命が自然によって奪われた5年前。
決して東北の人達だけではありません。
わたし達もまた、あの日から5年間、生きて、生かされてきました。

小さな種は、仲間達の分も大きく大きくなり、立派な花を咲かせました。
そうしてまた、沢山の種を放ちました。

わたし達は、何ができるのでしょう。
沢山の犠牲の上に立ち、何が残せるのでしょう。

まだ復興は終わっていません。
新たな問題は山積みです。
まだまだ戦っている人たちがいます。

忘れないこと。
今に感謝すること。
大切なことです。でも、5年経ち、もうそれだけではダメな気もします。

わたし達は知らなさすぎました。
今でもまだ、知らなさすぎます。
知らなければいけない。
その姿勢を子ども達に見せなければいけない。
これから先の未来を生きていくのは、子ども達です。
何も知らずに大人になってはいけない。
これから先の未来に必要なのは、「知る力」「考える力」「選び取る力」だと思います。

ですが、今日だけは。
今日だけは、ただ無心に祈りたいと、そう思います。


3.11
ただ、手を合わせて。


........................✎

【232】『ちいさいタネ』
エリック=カール 作
ゆあさふみえ 訳
偕成社 1990/12

日々の暮らしの中、時が経てば思い出さなくなる日が増えていきます。

忘れない様に。そう思ってきましたが、忘れないのではなく、今を知らなければいけないと、5年目にしてようやく思う様になりました。

今日だけは無心に祈りを捧げて。

明日からはしっかりと、現実と向き合いたいと思います。


160311
ayumi