読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『ゆき』

f:id:a_oyatsu:20160112232652j:image
きくちちき

........................✍

今年の冬は暖冬で去年に比べて本当にあたたかく感じますが、今日は東京と横浜で初雪を観測したそうですね。

去年は元旦に大雪で、京都では帰省する新幹線から真っ白な世界が見えましたが、今年はまだそんな世界はやって来そうにありません。

あたたかい冬は過ごしやすい反面、あまり暖冬だとちょっと心配にもなります。

明日からまた冷え込むとの予報なので、風邪には気をつけながらも、本格的な寒さを歓迎できたらと思います。

そんな今日は、ゆきの絵本を1冊紹介させて下さい。去年の11月に出たばかりの新刊です。

今日の絵本は、『ゆき』です。

森に降り出した雪はだんだんとその激しさを増し、動物たちはあわてて駆け回り、あたたかい場所にその身を預けて寄り添います。

真っ白な世界に喜んで駆け回るのは、人間の子どもたち。
夜はあたたかな部屋で、家族でその綺麗な雪を眺めます。

作者のきくちちきさんは、北海道出身。
北海道の原野に降る雪をイメージしながら、この絵本を描かれたそうです。

ダイナミックな様に見えて繊細な色使いは、森を白く埋め尽くす雪をとても綺麗に表現してくれています。

何より印象的なのは、文章の力強いフォントです。

文章自体はとても短く小さな子どもから読める内容ですが、絵とのバランスがとても良く、自然の力強さを脳内に自然と響かせてくれます。

森に降る雪は激しく、動物たちに聞こえるのは「しろい おとだけ」です。
反面、人間の子どもたちは雪をとても喜び、「ふれふれ いっぱい ふれふれ」と遊び回ります。

雪の美しさだけでなく、自然の厳しさもひしひしと感じることができる絵本です。

先にも書きましたが、文章自体はとても短く読みやすいので、小さなお子さんから楽しめると思います。
ですが、その世界観は大人の方の方がじっくりと味わえるかもしれません。

幅広い世代に楽しんでもらえる1冊だと思います。

........................✎

【172】『ゆき』
きくちちき

お正月からしばらくお世話になった実家から、今日戻りました。
実家ではなかなか乱れた生活をしていたので、息子共々明日から生活リズムを戻します´◡`;

義実家に行ったら、息子はちょっと太ったねと言われました。笑
間違いなく太りました。。笑

食生活も質素にしなければ´◡`;


160112
ayumi◡̈⃝