読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『フレデリック』

f:id:a_oyatsu:20160101005612j:image
レオ=レオニ 作

........................✍

明日は成人の日ですね。
今日街に出たら、わたしの地元は今日が成人式なので、綺麗な振袖姿の新成人の方を沢山見かけました。
新成人の皆様、おめでとうございます。

大人への第一歩となる1日。
これから先、沢山の困難や壁が立ちはだかることもあると思いますが、そんな時に支えてくれるのは、子ども時代の自分です。

この言葉は、翻訳家の石井桃子さんの言葉で、わたしもいつも心に留めています。
言葉はいつも、わたしを支えてくれます。
新成人の皆さんも、是非心に沢山の言葉を蓄えていって欲しいと思います。

今日紹介させてもらう絵本は、そんな言葉を大切にした、小さな詩人のお話です。

今日の絵本は、『フレデリック』です。

5匹ののねずみは、来る冬に備えて食べ物や、わらを集めていました。
でもその内の1匹、フレデリックは、みんなの様に働きません。

「フレデリック、どうして きみは はたらかないの?」とみんなが聞くと、フレデリックはこう答えます。

「ぼくは おひさまの ひかりを あつめてるんだ。」

やがて冬が来て、5匹は石垣の隙間にこもります。
最初は沢山あった食料もわらも、だんだん少なくなっていきます。
言葉数も少なくなったみんなは、ふと、フレデリックが集めていたものを思い出しました。

「きみが あつめた ものは、いったい どう なったんだい、フレデリック。」

そこで、フレデリックは語り始めるのです。

目に見えるもの、結果に直結するようなものは、確かに確実性があって重要視されがちです。

でも、最後に自分を助けてくれるもの、自分の支えになるものは、自分の中にある「ことば」だと思います。

それは、今までに経験してきたことや出会った人達、聞いた言葉、話した言葉、出会った物語の中に散りばめられていた言葉...そういったもので構築されていくと思います。

新成人の皆さんも、是非今までの自分を信じて、これからも沢山「ことば」を集めていって下さい。

それはいつか、きっと自分の糧になると思います。

『フレデリック』は、そんなことをそっと教えてくれる1冊です。

........................✎

【161】『フレデリック』
レオ=レオニ 作
光学社 1969/04

今日は祖父のお墓参りをして、帰ってから息子の靴を買いに街へ出かけました◡̈

2歳半の息子。
足が大きく足の甲が厚いので、なかなかぴったりの靴がなく。
今日買ったスニーカーは16㎝でした。笑

ご機嫌に新しい靴を履いてくれたので良かったです♡

明日で実家生活も終わり。
明後日には京都へ戻ります。


160110
ayumi◡̈⃝