読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『おはなをどうぞ』

f:id:a_oyatsu:20151210222909j:image
おはなをどうぞ 』
三浦太郎

........................✍

12月は、色々と個人的なイベントが重なります。
大きなイベントであるクリスマスや、怒涛の年末、大晦日。
それに加えて、主人の誕生日とわたしの誕生日。
明日、主人より数日早く、一足先に歳を取ります...。笑

1年の終わりの区切りの月でもあるし、個人的には始まりの月でもある12月。
この1年の自分はどうだっただろう。
来年の1年は、どんな自分になれるだろう。

息子を寝かしつけ、主人が帰宅するまでの束の間の1人時間。
息子と今日読んだ絵本の中から、何となくふと手を伸ばした絵本。
もしかしたらわたしは、メルシーちゃんの様に、メルシーちゃんのお母さんの様に、なりたいのかもしれない。

今日紹介させてもらう絵本は、『おはなをどうぞ』です。

メルシーちゃんは、とても大きな花束を持っています。
お母さんにプレゼントする為に、たくさんたくさん摘んだのです。

早くお母さんに渡したいと、メルシーちゃんは急ぎます。
そんな帰り道、様々な動物と出会います。

うさぎやライオン、キリン、ゾウ。

みんな、メルシーちゃんの花束を「すてきな おはなですね」と羨ましそうに眺めています。

その度にメルシーちゃんは、「おかあさんに あげる おはなだけど、すこしだけなら おすそわけ。おはなを どうぞ」と快くみんなにプレゼントします。

メルシーちゃんより大きかった花束は、どんどん小さくなり、最後の1本もとうとうプレゼントしてしまいました。

おうちに帰ったメルシーちゃんは、泣きながらお母さんに言います。
「たくさん たくさん つんだけど、ぜんぶ あげてしまったの」

そんなメルシーちゃんを、お母さんは優しく抱きしめます。

大好きなお母さんを喜ばせたいメルシーちゃん。
でも動物たちにも、優しさのおすそ分けを忘れません。
自分だけ、自分の大切な人だけ幸せならそれでいい。
誰しもつい、そう思ってしまいそうですが、メルシーちゃんは思いやりの気持ちを常に持っています。

そしてそんなメルシーちゃんの気持ちが、どんな花束よりもお母さんは嬉しかったのだと思います。

お母さんを喜ばせたくてやっているのに、上手くいかないことだってあります。
そんな時に、結果ではなく、子どものその気持ちを最優先に考えられる母親でありたい。
そんな風に思います。

個人的に、三浦太郎さんの絵本の中で1番好きなこの絵本。

メルシーちゃんの様に、大切な人にも勿論、どんな人に対しても思いやりの気持ちを忘れずに、人の気持ちをより考えられる人になりたい。
そして、どんな子どもでもあたたかく受け入れられる母親になりたい。

明日からの新しい1年、「おはなをどうぞ」の優しい気持ちを忘れずにいたいと思います。

........................✎

【139】『おはなをどうぞ』
三浦太郎
のら書房 2009/09

誕生日はいくつになっても特別だと言いますが、だんだん誕生日が嬉しくない年齢になってきます。笑

ギリギリ20代にひっかかってますが、いっそのこと30を迎えたらまた歳を重ねることに楽しみを感じる様になるのかな?と思ったり。

母親としても勿論、1人の女性としても、魅力的な歳の重ね方をしていきたいですね。

明日からまた、新しい1年。
気持ちを新たに、頑張ろう◡̈


151210
ayumi◡̈⃝