読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『いろいろバス』


f:id:a_oyatsu:20150929102800j:plain


いろいろバス 』

tupera tupera


........................✍


tupera tuperaさんの絵本の魅力は、内容やしかけ、デザイン性にもありますが、その色遣いにもたっぷり詰まっています。


子どもだけでなく、大人も楽しくなる様なカラフルな色遣い。

ダークな色遣いの絵本でさえ、tupera tuperaさんの絵本は明るい気持ちになるから不思議です。


今日は、そんなtupera tuperaさんの色の魅力が全開のこの絵本を紹介させて下さい。


今日の絵本は、『いろいろバス』です。


あかいバスやみどりのバス、カラフルなバス達が次々とやって来ます。


あかいバスには、ゴロゴロトマトがおりてきて、にゅるりとタコが乗ってきたり。


きいろいバスには、ふんわりおむれつがおりてきて、きらきらほしが乗ってきたり。


個性的な色の仲間達が、乗降車をしていきます。


繰り返しのテンポが良いので、小さな子どもでも入り込めると思います。


そしてこの絵本の最大の魅力は、ラストの終点のシーン。


いろいろバスがやって来て、いろいろみんながおりてきます。


ページいっぱいに描かれた「いろいろみんな」。どこに何が描かれているのか探すのも、楽しいです。


ずっとシルエットだった運転手さんが最後に出て来たり、タイヤの模様がひとつひとつ違ったりと、tuperaさんらしい細かい仕掛けも嬉しい1冊。


例え白黒であっても良い絵本は沢山あります。

ですが、カラフルな絵本は自然と気持ちが明るくなります。


tupera tuperaさんの絵本が老若男女問わず人気のある秘訣は、そんなところにもあるのではないかと思います。


........................✎


【67】『いろいろバス』

tupera tupera

大日本図書 2013/06


絵本には、その子にとっての「旬」の様な時期があります。

季節の絵本も勿論「旬」の絵本ですが、それとはまた違う、子どもがその絵本に1番興味を示す時期が、それに当たります。


絵本には対象年齢がよく書かれていますが、個人的にはそこまで意識しなくても良いと思っています。


勿論わたしも参考程度にはしますが、何歳からと書いてあるからその年齢でないと読めない事もないし、逆にその年齢なのに子どもが興味を示さないからと言って、無理に読ませる必要もないと思います。


子どもが今何に興味を持っていて、どんな事が好きなのか。

対象年齢より、案外その方が絵本選びの参考になったりします。


この絵本も、息子はきっと好きだろうと思いつつ、何故か手に取るきっかけがなくて最近我が家に仲間入りした1冊です。


案の定息子のお気に入りになりましたが、やっぱりもう少し早くお迎えしてもよかったなぁと思いました。


子どもの興味感心を逃さずに、子どもにとっての旬の絵本を与えてあげたいなぁと思います。


........................✂


今日はいよいよ帰省の最終日。

と言っても、結局明日の朝一まで延びたのですが(´◡`;)笑


安定の親友と遊び、お散歩をして、最後の一日を楽しみたいと思います♡



150929

ayumi◡̈⃝