さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『パンどうぞ』

 

 

f:id:a_oyatsu:20150916084005j:plain

 

 

パン どうぞ (講談社の創作絵本) 』

彦坂有紀

もりといずみ

 

........................✍

 

わたしは無類のパン好きです。

 

パン屋さんがあるとつい入ってしまうし、食パンが美味しいパン屋さんには絶大な信頼を寄せています。笑

 

そんなわたしの子どもなので、息子もパンが大好き。

 

そんなわたしも息子も大好きな絵本を今日は紹介させて下さい。

 

今日の絵本は『パンどうぞ』です。

 

真っ白なページに美味しそうなあんぱんがひとつ。

 

ぱん どうぞ

 

ぱくっ

 

中身もとても美味しそうです。

 

単純な繰り返しのこの絵本。

 

とてもシンプルな絵本ですが、クリームパンやジャムパン、ハンバーガーまで、とても美味しそうなパンが勢揃いです。

 

画法は木版画を使われているそうで、シンプルながら一度見ると印象に残ります。

 

この表紙のパン、見たことあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そう、「CLASKA Gallery & Shop "DO"」のデザインでお馴染みのあのパンです。

 

デザイン的にも洗練されているこの絵本。

子どもは勿論、おしゃれ好きな大人もきっと好きだと思います。

 

そしてその美味しそうなパン達に、お腹が空くこと間違いなしです。笑

 

食欲の秋。

こんなおしゃれで美味しそうなパンの絵本は、いかがですか?

 

........................✎

 

【54】『パンどうぞ』

彦坂有紀

もりといずみ

講談社 2014/10

 

絵本は子どもの為の本です。

 

それはまがいもない事実ですが、子どもの本と侮るなかれ。デザイナーやアートディレクターが手掛けた絵本というのも、実は結構あります。

 

この絵本も彦坂有紀さん、もりといずみさんという彦坂木版工房の木版画家、アートディレクターのお2人が手掛けられています。

 

1ページ1ページがまるでポストカードの様な絵本も沢山あります。

 

内容を楽しむのは勿論ですが、そうしたデザインを楽しむ事ができるのも、絵本の魅力のひとつですよね。

 

おしゃれな雑貨屋さんなんかには、結構絵本が並んでたりします。

 

本屋さん以外で絵本を探すのも、新しい発見があって面白いです。

 

........................✂

 

今日は大好きなクラスカでお馴染みのパンの絵本を紹介させていただきました。

 

シンプルながら洗練されたデザイン、大好きです。

 

服の好みや好きなブランドも、若い頃に比べてかなりシンプルになりました。

 

メイクも若い頃はがっつりしていましたが、最近はポイントメイクくらい。笑

 

年を重ねる毎に、少しずつ色々なものをシンプルにしていきたいです。

 

今日から天気が崩れるみたいですね。

早目にお買い物だけ行ってこよう!

 

 

150916

ayumi◡̈⃝