さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『あめぽったん』

 

 

f:id:a_oyatsu:20150906110055j:plain

 

 

あめぽったん (ぽかぽかえほん) 』

ひろかわさえこ

 

........................✍

 

9月に入り、雨の日が増えていますね。

秋の長雨とよく言いますが、9月は雨が続く日が多いです。

 

涼しくなるのはいいけれど、お外に出れないとなるとまたお母さんは大変ですよね。

 

小雨程度なら、傘さして雨の中お散歩も、子どもにとってはとても魅力的かもしれません。

 

今日は雨の日が楽しくなるような、こんな絵本を紹介させてもらいます。

 

今日の絵本は、『あめぽったん』です。

 

あめあめ ぽったん あめ ぽったん

はっぱの うえに

あめ ぼったん

 

あめあめ だいすき でてきたよ

はっぱの かげから

かたつむり

 

雨の大好きな仲間たちが次々と顔を出し、みんなでじゃぶじゃぶお散歩です。

 

てるてる坊主にお願いするのは、てるてる坊主もびっくりの、「あしたも あめに しておくれ」。

 

雨の日の楽しさが、目一杯伝わってくる絵本です。

 

とにかく言葉のリズムが良いこの絵本。

思わず「♩」をつけたくなる様な文章です。

 

歌う様に読めるので、まだ小さなお子さんも聞きやすいと思います。

 

雨の日は、大人は憂鬱な気分になります。

出かけるのも億劫だし、洗濯物も乾かないし、じめじめして髪型も決まらないし...。

 

でも子どもは、遊びを見つける天才。

雨の日でも楽しみ方を沢山知っています。

 

この絵本を読むと、子どもはきっと「外に行こう!」と言い出すと思います。

 

確かに雨の中外に出たら確実に濡れちゃうし、レインブーツをはいていても、水たまりをばしゃばしゃやられたら水浸しになる事間違いありません。

 

でもたまには、子どもと一緒に思い切り雨を満喫するのも楽しいと思います。

 

大人も子どもと一緒に、水たまりをじゃぶじゃぶ...まではできなくても、子どもの思い切り楽しむ姿を、広い心で見守りたいですね。

 

........................✎

 

【44】『あめぽったん』

ひろかわさえこ

アリス館 1999/06

 

ひろかわさんの絵本は、とにかくリズム感が良く読みやすいです。

 

まるで歌絵本の様に読む事ができます。

 

以前も書いたと思いますが、リズム感の良い絵本は読み手も読みやすく、読んでいて楽しいです。

 

読み手が楽しいと、それは子どもにも伝わります。

耳に心地いい言葉のリズムもまた、子どもを夢中にさせてくれます。

 

なかなか集中して絵本を読めない小さなお子さんにも、ひろかわさんの絵本はオススメです。

 

この絵本は「ぽかぽかえほん」というシリーズの中の1冊。

他の絵本もまた紹介していきますね。

 

........................✂

 

今日は朝から雨☂

 

どこに行く?とぐだぐだ悩み笑

結局嵐山までいってきます。

 

息子は最近傘がお気に入り。

さすのではなく、ずりずりするのですが(´◡`;)笑

 

皆様も素敵な日曜日をお過ごし下さい⋆* 

 

 

150906

ayumi◡̈⃝