読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『かじだ、しゅつどう』


f:id:a_oyatsu:20150901080020j:plain

 

 

 

かじだ、しゅつどう (幼児絵本シリーズ) 』

山本忠敬

 

........................✍

 

我が家から図書館へ向かう途中に、消防署があります。

 

よくそこで救急車や消防車が見れるので、息子もお気に入りの道です。

 

たまに消防士さんが、「時間のある時に遊びに来て下さいね」と笑顔で声をかけて下さります。

 

地域に根付いたいい消防署だなぁと、いつも感心しています。

 

今日は防災の日

そんな今日紹介させてもらうのは、消防士さんが大活躍するこの絵本。

 

今日の絵本は、『かじだ、しゅつどう』です。

 

男の子にとって憧れの消防車。

消防車が出てくる絵本は沢山ありますが、わたしはやっぱり、山本忠敬さんのこの絵本が1番好きです。

 

消防署のブザーがなり、消防車は出動します。

 

レスキュー車やスノーケル車も一緒に出動です。

 

様々な消防車が力を合わせて、火事を鎮火させます。

 

救急車は怪我人を運び、消化後は消防署へ帰り、汚れた車体を掃除して、次の出動に備えます。

 

嘘がなく、とても素直にきちんと、でも子どもにわかりやすく消防車の活躍が描かれています。

 

決して子どもに媚びる様な絵本ではありませんが、消防車の活躍を見守る子ども達もしっかりと描かれていて、そこがまた微笑ましく「絵本」としての良さが出ています。

 

小さなお子さんであれば、消防車や救急車を喜んで見るだろうし、もう少し大きなお子さんでも、「こうやって放水するのか」など、新たな発見のある絵本だと思います。

 

消防車を見かけた日には、親子で広げて読みたい1冊です。

 

........................✎

 

【39】『かじだ、しゅつどう』

山本忠敬

福音館書店 1991/04

 

ある時期になると、子ども、特に男の子は図鑑に興味を示し出すと思います。

 

特に自分の好きなもの、乗り物や動物、虫、恐竜などの図鑑は、気付くと眺めているという話もよく聞きます。

 

図鑑もとても良い本です。

ひとつの事柄を追求し、新たな興味を引き出してくれます。

 

ですが、図鑑と絵本は違うものだとわたしは思っています。

 

図鑑はあくまでも、真実を正確に丁寧に説明するものであって、そこに物語は基本必要ありません。

客観的に、正確に物事を知る事ができるので、それが図鑑の利点でもあると思います。

 

ですが絵本には、大なり小なり物語があります。

この絵本も、まるで消防車の図鑑の様な絵本ですが、ストーリーはしっかりとあります。

 

山本忠敬さんは、乗り物の絵本を数多く手掛けられています。

中には「図鑑」と銘打った作品もあります。

どれも丁寧で正確な乗り物達なので、安心して子どもに手渡せます。

 

乗り物の図鑑ばかり見て、絵本はちっとも読まない。

そんなお子さんにも、オススメの作家さんです。

 

図鑑は図鑑で、絵本は絵本で、それぞれの楽しみを見つける事ができたらと思います。

 

........................✂

 

今日から9月ですね。

とうとう夏休みも終わり。

朝晩はだいぶ冷える様になりました。

 

と言いながら、わたしは今日、最後の夏休みをいただいております♡笑

 

なんとも贅沢な、1人映画とヘアサロンへ行って来ます◡̈♥︎

 

お昼過ぎまでですが、1人時間を満喫してきたいと思います♡

 

9月もよろしくお願いします◡̈⋆* 

 

 

150901

ayumi◡̈⃝