さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『だるまさんが』


f:id:a_oyatsu:20150826114738j:plain


だるまさんが 』

かがくいひろし


........................✍


今日でこのBlogを開設して、無事1ヶ月が経過しました!


最初は見切り発車、大丈夫か?と不安もありましたが、何とか毎日更新できていて一安心です。


そんな今日は、わたしにとっても思い入れのある1冊を。


今日紹介させてもらう絵本は、『だるまさんが』です。


もう、内容紹介は不要なくらい、ファーストブックの定番ですね。


「泣く子も笑う」の帯を見たことのあるお母さんも多いと思います。


我が家もこの絵本は、出産のお祝いでいただいたもの。

そして、息子に読み聞かせた初めての絵本でもあります。


愛嬌のあるだるまさんが、どてっと転んだり、ぷしゅーとぺたんこになったり、びろーんと伸びたり!


その度に子どもは大笑い。


喜ばない子どもはいないのでは?と思う程、みんな大好きな絵本ですよね。


まだ赤ちゃんの頃は、内容の面白さはわからないものの、だるまさんの丸みや赤い色に視線は自然と向くと思います。


そしてリズムの良さ、ふんだんに盛り込まれた擬音。

お母さんのお膝の上で、「だるまさんが♩」のリズムを体感する。


赤ちゃんから十分楽しめる要素が満載です。


少し大きくなれば、今度はだるまさんの真似をしたり、一緒に体を揺らして楽しむ事もできます。


最後はだるまさんが、にこっ。


一緒に「にこっ」とする子どもの笑顔は、お母さんも自然と笑顔にしてくれます。


絵本は楽しむもの。

読み聞かせは親子のコミュニケーション。


それを最初に実感させてくれる、とても素敵な1冊です。


シリーズは3冊。どれも面白い。


是非親子で、だるまさんと一緒に絵本の時間を楽しんで下さい。


........................✎


【33】『だるまさんが』

かがくいひろし

ブロンズ新社 2008/01


絵本の読み聞かせに、ルールはないと思っています。


勿論、お家で読み聞かせを楽しむ為のコツや注意点はあります。

ですが、「こうしなきゃだめ」という決まりごとはないと思います。


よく、「絵本はお母さんのお膝の上で、身体と身体をくっつけて読んで下さい」と言われますよね。


できれば片膝に子どもを乗せて、子どもの顔を見ながら読める体制が良いとも言われます。


勿論、それはベストです。

読み聞かせは、子どもの安心感を生みます。

お母さんと身体をくっつけて読む幸せは、何事にも変え難いです。


ですが、「絶対お膝の上で読まなければいけない」のかと言われたら、わたしはそんな事ないと思います。


特に1歳〜2歳の子どもは、なかなかじっと座って絵本を見るのは難しいです。


立ち上がってみたり、うろうろしてみたり、横になってみたり。


それでもいいと思います。

無理に「お膝に座りなさい!」なんてしなくてもいいと思います。


我が家もこの絵本を初めて読んだ時は、まだ腰もちゃんと座っていない赤ちゃんの頃。

お膝に座らせて、顔を見て...なんて、物理的に不可能でした。笑


ころんと横になって、一緒に読むこともしたし、対面で座って読んでいた時期もありました。


今はお膝に座って読む事もあるし、ソファーに並んで座って読む事もあります。


子どもがこうしたいと思える体制で楽しめたら、それでいいと思います。


読み聞かせにルールはありません。

フリースタイルで親子の時間を思いっきり楽しめたら、それが一番だとわたしは思います。


........................✂


今日は晴天です☼


昨日はお家に缶詰めだったので、今日は朝から出掛けています。


久々にお昼も外食。

たまにはいいですね◡̈♥︎


皆様も良い一日をお過ごし下さい。


台風の被害にあわれた地域の方々には、心からお見舞い申し上げます。



150826

ayumi◡̈⃝