読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『わにわにのおでかけ』

夏の絵本

 

f:id:a_oyatsu:20150824081047j:plain

 

わにわにのおでかけ (幼児絵本シリーズ) 』

小風さち 文

山口マオ 絵

 

........................✍

 

随分と涼しくなって来た今日この頃。

京都では、地蔵盆と呼ばれる地域のささやかなお祭りが、先週末あちこちで開かれていました。

 

京都に地蔵盆という風習があるからか、小さな縁日を見ると夏の終わりと秋の訪れを感じます。

 

また、夜窓を開けていると、鳴く虫の声が変わった事に気付きます。

蒸し暑さはまだ残るものの、夏と秋がバトンタッチしている8月の終わり。

 

こんな日に紹介するのは、やっぱりこの絵本ですね。

 

今日紹介させてもらう絵本は、『わにわにのおでかけ』です。

 

まだまだ蒸し暑い夏の夜。

わにわには暑さから寝付けず、寝床を脱出します。

 

外ではみんな、どこか向かっています。

わにわにも出かけることに。

 

「ずり ずり づづづ」と向かった先は、なんと縁日。

わにわには縁日を楽しみます。

 

一見、怖そうなこの絵本。

擬人化されているワニではなく、リアルなワニですもんね。

人間の住む様なお家に住んでいるのに、二足歩行はしないんです。

 

でもこのわにわにが、またいい味を出しているキャラクターで。

 

この絵本でも、金魚すくいを楽しんだり、お面を眺めたり、行動が可愛らしい。

 

見た目はちょっぴり怖いけど、とても愛らしいわにわにです。

 

わにわにの風体と木版画がしっくりくるこの絵本。

シリーズものですが、作者の小風さちさんと山口マオさんは、シリーズの中でこの『おでかけ』が一番お気に入りなんだとか。

 

「ぎーちょ ぎーちょ」

 

虫の鳴き声が変わったなぁと思ったら、是非開いてみて欲しい1冊です。

 

........................✎

 

【31】『わにわにのおでかけ』

小風さち 文

山口マオ 絵

福音館書店 2007/09

 

この絵本を開くと、その木版画で描かれた世界に、古き良き日本を思い起こさせます。

 

蚊取り線香や畳、夏の終わりの香りが伝わって来そうです。

 

まだまだ想像力の未熟な子ども達は、文章や言葉だけでこの雰囲気を説明されても、大人の様に感じる事は難しいと思います。

 

でも絵本は、文章に加えて絵があります。

視覚的にわかりやすい絵があることで、子どもの想像力を手助けしてくれます。

 

そこが絵本の魅力のひとつですよね。

 

普通に生活していては、なかなか触れる事のない出来事や雰囲気も、絵本だと簡単に感じさせてあげることができます。

 

古き良き日本。

実生活ではなかなか触れることのない、でも子ども達にも感じて欲しい文化。

 

日本を感じる事のできる絵本も、まだまだ沢山紹介させて下さいね。

 

........................✂

 

昨日はおでかけ。

家族で嵐山まで行って来ました。

 

昨日まで、嵐山と大宮を繋ぐ嵐電に、妖怪電車が運行されてたのです。

 

電車の中に妖怪達が!

子ども達は勿論大泣き、パニック。笑

そんな中息子は、「おばけ!おばけ!よかい!!」と1人大喜び、近付いて来たらよしよししたり、握手したり...笑

妖怪達も苦笑です(´◡`;)笑

 

帰りも「おに、あくしゅあくしゅ!」と楽しそうでした。

 

まだまだ彼の中で、おばけや妖怪はお友達みたいです(´◡`;)

 

でもその感性は、忘れて欲しくないなぁとも思います。

 

 

150823

ayumi◡̈⃝