読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『トマトさん』

夏の絵本 食べ物の絵本

 

 

f:id:a_oyatsu:20150819133816j:plain

 

 

トマトさん (こどものとも傑作集) 』

田中清代

 

........................✍

 

夏が終わる前にどうしても紹介しておきたいこの絵本。

2歳のトマト大好きな息子も今、はまっている1冊です。

 

今日紹介させてもらう絵本は、『トマトさん』です。

 

まずはこの表紙のインパクト!

横長の表紙いっぱいに、トマトさんのどアップ!

一度見たら忘れられません。

 

とっても暑い夏。

こんなに暑くちゃひからびちまうと、ミニトマト達やとかげ達は小川にぽっちゃんと水浴びに。

でもトマトさんは体が重くて動けません。

とうとう目からあまいにおいの涙がぽろり。

 

ちょっぴり癖のあるトマトさんですが、憎めない可愛らしさがあります。

 

ようやく小川に入れたトマトさんの気持ち良さそうなこと!

ページいっぱいの、いや、むしろはみ出してしまってるトマトさんの表情が、その気持ち良さを物語っています。

 

読んでいる方も、暑さが和らぐような気がします。

 

そしてこの絵本、擬音がとても素敵なんです。

 

真っ赤に熟れたトマトさんが「どった」と落ちたり。

 

暑くてたまらなくなったトマトさんは、まぶたを「しんなりと」閉じてあまいにおいの涙を落としたり。

 

トマトさんが水の中を「ぶくぶく ぷっくり」「とっぷん とっぷん」泳いだり。

 

その擬音だけで、トマトさんの重量感や気持ち、周りの空気が伝わってくるかの様です。

 

暑い夏。

トマトさん達と一緒に、少しだけ涼しい気持ちになれるオススメの1冊です。

 

トマト好きのお子さんには勿論、トマトが苦手という子にも、トマトを身近に感じてもらえるかもしれませんね。

 

........................✎

 

【26】『トマトさん』

田中清代

福音館書店 2006/07

 

野菜を扱っている絵本も沢山ありますね。

 

この絵本の様に擬人化されているものも沢山ありますし、リアルな野菜が描かれているもの、野菜が具材として描かれているもの、昔話なんかにも、野菜はよく出て来ます。

 

子どもは食べ物の絵本が大好きです。

食べることは子どもにとって、ともすれば大人よりも身近であり、大切なんでしょう。

 

この絵本の様に物語になっているものは2歳くらいからでないと難しいかもしれませんが、平山和子さんの『くだもの』等は、小さな赤ちゃんから食べ物を身近に感じられると思います。

 

食べることは生きることの基本。

絵本を通して、沢山の野菜や果物に触れて、生きる基本をしっかりと伝えていきたいですね。

 

また食べ物の絵本も沢山、紹介させて下さい。

 

........................✂

 

今日は朝から雨です。

 

今日の雨は止みそうにないので、一日お家で遊ぶことになりそうだなぁ。

 

べたつく湿気は気持ちいいものではないですが、雨のお陰で幾分か涼しくなってきています。

 

夏がそろそろ終わるなぁ。

 

 

150820

ayumi◡̈⃝