さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『せかいのひとびと』

 

f:id:a_oyatsu:20150815091009j:plain

 

せかいのひとびと (児童図書館・絵本の部屋) 』

 

ピーター・スピアー 絵と文

松川真弓 訳

 

........................✍

 

8月15日。終戦の日です。

8月は何冊か戦争や平和に関する絵本を紹介して来ました。

戦争がやっと終わった日。

そんな今日、紹介する絵本はこの絵本です。

 

『せかいのひとびと』

 

世界には沢山の人がいます。

漠然とは知ってるけど、じゃあ実際どんな人達がいるのかな?

 

身体の大きさ、鼻の形、髪型、おしゃれ、みんな違います。

 

住む家も違うけど、屋根があるのはみんな同じ。

 

好きな食べ物もみんな違う。

その食べ物が大好物な人もいれば、食べることすらできない人もいる。

 

そんな違いを、ピーター・スピアーならではの細かく丁寧な絵で沢山紹介してくれています。

 

人間は、身分や地位を作ってきた。

でもそんなのっておかしい。

みんな同じ地球で暮らして、同じ空気を吸って、最後にはみんな死ぬ。

 

スピアーの丁寧な絵が、言葉に真実味を持たせてくれます。

 

例えばみんなが全く同じだったら?

見開き1ページに、そんな絵があります。

 

一瞬ぞっとする様な、単調な世界。

この絵があるからこそ、最後の、「ちがっているって すてきでしょ?」という言葉が生きてきます。

 

単純に、こんな人種があるんだな、こんな国があるんだな、自分はこの人と似ているな、そんな見方をするのも面白いです。

 

 

違うからこそ、争いが起こるのかもしれない。

でも違うからこそ、面白い。

違うってことは、とてもすてきなこと。

 

たまたま先日の新聞記事に、14匹シリーズでおなじみのいわむらかずおさんの言葉が載っていました。

いわむらさんもまた、1人1人違う事の大切さを述べられていました。

 

1人1人が違って当たり前。

同じである必要なんてないんだよ。

それをみんなが受け止められる世界。

理想郷かもしれないけれど、この絵本読みながらそんな世界を思い描く事もまた、平和への一歩であると感じます。

 

........................✎

 

【21】『せかいのひとびと』

ピーター・スピアー 作

松川真弓 訳

評論社 1982/01

 

ピーター・スピアーの絵本は、とても細かく丁寧です。

 

1ページ見るだけでも、沢山の発見があります。

 

子どもは細かい所を見るのが大好きです。

そして大人は見落としてしまう様な事を発見するのが得意です。

 

1ページ1ページ、親子でおしゃべりしながらじっくり読む。

イレギュラーな読み方かもしれませんが、そんな遊びもまた楽しいと思います。

 

........................✂

 

お盆休みも終盤ですね。

 

我が家は今日から1泊で近場に旅行にいって来ます!

主人の友人達とわいわいがやがや、賑やかな旅になりそうです◡̈

 

そして早速渋滞にはまっております。笑

 

皆様も素敵な週末をお過ごし下さいね。

 

 

150815

ayumi◡̈⃝