さんじのえほん。

3時のおやつみたいに、絵本が日々のちょっとした幸せに⋆* 駆け出しの絵本講師、1日1冊絵本を紹介しています◡̈

『こおり』

 

 

 

f:id:a_oyatsu:20150808174231j:plain

 

 

 

こおり (たくさんのふしぎ傑作集) 』

前野紀一 文

斉藤俊行 絵

 

........................✍

 

夏休みももう半ば。

パパもお盆休みに入り、家族みんなでのんびり...もしたいけど、子ども達には夏休みの宿題という強敵もいるわけで。笑

 

中でも自由研究、読書感想文なんかは手強い相手だったりしますよね。

 

でもせっかくやるなら、楽しくやりたい。

宿題代行業なんて言葉もよく聞きますが、以ての外ですね。

 

この絵本は、もしかしたらそんな自由研究にもちょっと役立つかもしれません。

 

今日ご紹介する絵本は、『こおり』です。

 

氷って、どうやって出来ているかご存知ですか?

 

0度になると水の分子が連結を始めて、空気を押し出しながら規則正しく並んでいく...と言葉にすると、何だか難しいですよね。

 

でもこれが絵本になると、とってもわかりやすくなります。

 

この絵本、水の分子達は小人として描かれています。

小人達がピラミッドの様に積み重なっている絵は、とても綺麗。

読んでいる子ども達も、理解するより先にイメージを得る事が出来ると思います。

 

また、「透明な氷を作るには?」「カラフルな氷は作れるの?」といった疑問にも丁寧に答えてくれます。

 

そして氷の性質から、南極の氷のお話、海のお話、地球のお話へと広がっていきます。

 

この一冊で、氷の事は勿論、海の事、地球の事、様々な自然について関心を寄せる事ができると思います。

 

長い夏休み、せっかく家族みんなが揃っているなら、パパも一緒に絵本を読みながら、透明な氷を作ってみるのも楽しそうですね。

 

内容はしっかりとした科学絵本なので、小学生くらいにならないと難しいかもしれません。

 

ですが難しいだけの本ではなく、あくまで絵本なので、楽しみながら想像しながら、科学を感じることができると思います。

 

........................✎

 

【17】『こおり』

前野紀一 文

斉藤俊行 絵

福音館書店 2012/06

 

何かを学ぶには、興味を持つ事が1番だと思います。

 

どうして?なんで?は、絶好の学びのチャンスです。

 

この絵本を1冊読むだけで、多分このどうして?なんで?が沢山湧いて来ると思います。

 

勿論、興味が出なければ無理して引き出す必要はないです。

こういった絵本は沢山あるので、他に面白そうなものを探してもいいと思います。

 

本当にそうなのかな?

じゃあ試しにやってみよう!

 

これが学びの第一歩だと思います。

 

実際にやってみて、考えて、また疑問がうまれて、またやってみて。

そうして得た知識は、本当の意味で子どもにとっての財産になると思うのです。

 

「自由研究やらなきゃ」「じゃあこれしなさい」だと、子どもにとっては「宿題」であり、「やらなければならない事」の域から出ませんよね。

 

忙しい現代の子ども達。

そんな事よりももっとやらなきゃいけないかことが沢山ある!そう思うかもしれません。

 

普段はそうかもしれませんが、せっかくの長い夏休み。

是非子ども達にも、「お勉強」ではない「学び」を、ワクワクしながら体験してもらいたいなぁと思います。

 

........................✂

 

昨日は暑いので昼からはモールへ避難してました。

無印良品で収納用品をちょこちょこ。

息子さんはイヤイヤ全開で、主人と来てよかったと思いました。笑

 

最近「いや」と言葉に出したり首を振ったりするジェスチャーが加わりました。

パワーアップだな。笑

 

今日はお出かけ予定だったけど、朝から掃除や何やで結局こんな時間です。笑

 

主人が息子を連れて出てくれてるので、今の内にスーパーに買い出し行って来ます✧

 

 

150811

ayumi◡̈⃝